ODN



ご利用ガイド

Outlook Express6のアカウント設定確認と設定変更方法(Windows用)

設定に必要な「メールID」・「メールパスワード」・「メールアドレス」・「SMTPサーバ名」・「POPサーバ名」は「ODNサービスご利用のご案内」もしくは「ODNアプリケーションサービスご利用のご案内」に記載されてます。


Outlook Expressを起動して[ツール]をクリックしてください。



[アカウント]をクリックしてください。



[メール]→[変更・確認をしたいアカウント名]→[プロパティ]の順でクリックしてください。



[全般]タブの以下の項目を確認し、変更がある場合には入力してください。
[名前]:

任意の名前が入力されていることを確認してください。
[電子メールアドレス]:
  「メールアドレス」が入力されていることを確認してください。
*ニックネームを設定している場合はニックネームアドレスを入力してください。
例:odn-support@pop01.odn.ne.jp
*送信先の環境によっては読み取れない場合がありますので、半角英数での入力をお勧めいたします。



[サーバー]タブの以下の項目を確認し、変更がある場合には入力して、[設定]をクリックしてください。
[受信メールサーバーの種類]:

「POP3」が選択されていることを確認してください。
*POP3が選択されていない場合、新規にアカウントを作成してください。
[受信メール(POP3)]:

「POPサーバー名」が入力されていることを確認してください。
[送信メール(SMTP)]:

「SMTPサーバー名」が入力されていることを確認してください。
[アカウント名]:

「メールID」が入力されていることを確認してください。
*メールIDには「@odn」は付きません。
[パスワード]:

「メールパスワード」が入力されていることを確認してください。
[パスワードを保存する]:

チェックしてあることを確認してください。
[このサーバーは認証が必要]:

チェックしてあることを確認してください。



以下の設定をして、[OK]をクリックしてください。
[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]:

チェックしてあることを確認してください。



ご使用される接続を変更する場合は枠の右端の三角形のボタンをクリックして選択可能な名前を表示させます。

例では[odn]と[ローカルエリアネットワーク(LAN)]が選択可能になっています。
ダイヤルアップ接続のお客様は[ご利用になっているダイヤルアップアイコン名]、ADSLのお客様は[ローカルエリアネットワーク(LAN)]を選択しています。



[詳細設定]タブの以下の項目を確認し、変更がある場合には入力してください。
[サーバーのポート番号−送信メール(SMTP)]:

「587」が入力されていることを確認してください。
[サーバーのポート番号−受信メール(POP3)]:

「110」が入力されていることを確認してください。
[サーバーにメッセージのコピーを置く]:

受信したメールのコピーをサーバーに置く場合は、チェックしてください。
* メールを受信してもサーバー内に残りますのでそのままご利用になられるとメール容量がいっぱいとなり、メールが受信できなくなるトラブルが発生しますのでお気をつけください。
以上までで設定変更された場合は[適用]をクリックしてください。

終了時は[OK]をクリックしてください。