ODN



ご利用ガイド

WindowsMailのアカウント設定確認方法(Windows用)

STEP1
メールの設定確認を行います。
WindowsMailを起動して[ツール]をクリックします。
* 設定に必要な[メールID(メールアカウント)]、[メールパスワード]、[メールアドレス]、[POPサーバ名]、[SMTPサーバ名]等のお客様個別の情報は【ODNサービスご利用のご案内】もしくは【ODNアプリケーションサービスご利用のご案内】をご参照ください。設定の際はお手元にご用意ください。


STEP2
[アカウント]をクリックします。


STEP3
[メール]の[確認をしたいアカウント名]を選択し、[プロパティ]をクリックします。


STEP4
[ユーザ情報]内の以下の項目を確認してください。
[名前]:

「任意のお名前」*1(例:odn-support)が入力されていることを確認してください。
[電子メールアドレス]:

「メールアドレス」*2が入力されていることを確認してください。
*1 ここに入力した名前が相手側に送信元として表示されます。送信先の環境によっては日本語が表示されない場合がありますので、半角英数での入力をお勧めします。
*2 メールアドレスを変更した場合には、適用後のメールアドレスを入力してください。
(例:odn-support@happy.odn.ne.jp)


STEP5
[サーバー]をクリックし、以下の項目を確認して、[設定]をクリックしてください。
[受信メールサーバーの種類]:

[POP3]が選択されていることを確認してください。
[受信メール]:

「POPサーバ名」が入力されていることを確認してください。
[送信メール]:

「SMTPサーバ名」が入力されていることを確認してください。
[ユーザー名]:

「メールID(メールアカウント)」が入力されていることを確認してください。
[パスワード]:

「メールパスワード」が入力されていることを確認してください。
[パスワードを保存する]:

チェックが入っていることを確認してください。
[このサーバーは認証が必要]:

チェックが入っていることを確認してください。


STEP6
以下の設定を確認して、[OK]をクリックします。
[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]:

チェックが入っていることを確認してください。


STEP7
[接続]をクリックし、[このアカウントには次の接続を使用する]のチェックが外れていることを確認します。
* ダイアルアップ接続のお客様は、[このアカウントには次の接続を使用する]にチェックを入れ、枠の右端の三角形のボタンをクリックし、「現在使用しているダイアルアップアイコン名」(例:[ダイアルアップ接続])を選択してください。


STEP8
[詳細設定]内の以下の項目を確認してください。
[サーバーのポート番号]:

[送信メール]に「587」・[受信メール]に「110」が入力されていることを確認してください。
[サーバーにメッセージのコピーを置く]:*

受信したメールのコピーをサーバーに置く場合はチェックを入れます。
* メールを受信してもサーバー内に残りますので、そのままご利用になられるとメール容量がいっぱいとなり、メールが受信できなくなるトラブルが発生しますのでお気をつけください。
上の例ではトラブル回避のため[サーバーから削除する]にチェックを入れ5日後に削除するようにしています。
以上で設定の確認は終了です。
設定変更された場合は[適用]をクリックしてください。終了時は[OK]をクリックします。