トップページへ ODNトップへ ホームページ メニューへ

近頃、エリアもぐっと拡大している無線LANサービス
駅やレストランなどでもインターネットができるらしいけど、いったい何なんだろうと気になりますよね。無線LANを導入すると、さてさて、どんなことが実現するのでしょう?

無線LANを利用すると、線(イーサネットケーブル)を繋がずインターネットにアクセスできます。つまりノートパソコンの使い方が、ぐっと広がるのです。家庭内では、ノートパソコンでテレビを見ながらソファの上でゆっくりと。はたまた、トイレに持ち込んで秘密のメールを打ったりもできます
動き回る度にずるずる引きずっていた長いケーブルがなくなり、ケーブルの届かなかったところでもインターネットが楽しめます。また、書斎や子供部屋など複数台のパソコンに繋げていたケーブルもいらなくなるのですから、家の中もすっきりしますね

外に出るとどうでしょう?無線LANを利用した公衆エリア、主にカフェやホテル、駅などで、ノートパソコンひとつあればケーブルで繋げる必要なく、インターネットにアクセスできるのです。素晴らしいですね
Rescue@ODNでは、ODNの会員の方が、このようにブロードバンドインターネットにアクセスできる環境を「フレッツ・スポット」(NTT西日本)を利用して実現する方法を解説していきます

「フレッツ・スポット」 NTT西日本提供の無線LANを用いたインターネット接続サービス

WindowsXPは、無線LANを標準でサポートしています。
ここでは、ODN会員が「フレッツ・スポット」を利用し、WindowsXP上で無線LAN接続を実現する方法を解説していきます
 
ADSLの基礎知識
<準備>
「フレッツ・スポット」サービスに加入
無線LANカードを準備する
無線LANアダプタのインストール
 
 
<接続設定:「フレッツ・スポット」>
無線LANカードの設定
ネットワーク接続の新規作成
 
 
<セキュリティ>
 


Copyright (c) 2006 SOFTBANK TELECOM Corp. All Rights Reserved.