トップページへ ODNトップへ 関連ツール メニューへ

最近猛威を振るっているコンピュータウィルス
インターネットという全世界に繋がっているネットワークの普及により、被害はあっという間に広がっています
それもそのはず、インターネットの基本的な通信機能はセキュリティ機能がなく、無防備のままで通信が行われているからです
会社やプロバイダーなどのサーバには、セキュリティ機能を付加的に利用してウィルスの感染を防いでいますが、新種のウィルスは次から次と発生するので完全とは言えません
パソコンがウィルスに感染しないようにするには、ウィルスチェック機能のついたソフトをパソコンに常駐させて利用する事である程度は防げます
ただ、ウィルス対策ソフトをインストールしたから安全、とは必ずしも言えませんので、使う人もセキュリティ面で常に意識的に注意を払うことが大切です
ここでは、「Norton AntiVirus2002」 と「McAfee.com ウィルススキャン オンライン」について解説していきます




「Norton AntiVirus2002」 開発、販売元 シマンテック

パソコンの中のウィルスを発見して、修復したり、電子メールの送受信時にウィルスが含まれていないかをチェックします
いつも最新のウィルス情報を入手できる、新型ウィルスに備える機能(=LiveUpdate)もついています
シマンテック ODN向けコンテンツもご参照下さい



「McAfee.com ウィルススキャン オンライン」  開発元 McAfee.com Corporation
 販売元 ソースネクスト株式会社
デスクトップひとつひとつをウィルスから守るためのソフトウェアとして定評があります

SecurityCenterについて

ソースネクスト社が提供している「セキュリティ・センター」は、
ウィルススキャンユーザでなくても、無料で使えるPC安全度チェッカーです。セキュリティソフトのメーカーを問わず、あなたのパソコンのセキュリティ状態をチェックできます。
ダウンロードはこちらから




ウィルス感染については、「Outlook Express6.0での設定方法」の中でも多少触れていますので、参考にしてください
 
ウィルス関連用語
<用語集>
ウィルスに関連する基礎用語 現在はびこっているウィルスの名称もわかります
 
 
もしウィルスに感染してしまったら
<感染したら!>
万が一、ウィルスに感染してしまった場合の対応は?必ず実行して欲しいポイントです
 
 
Norton Antivirus 2002
<Norton AntiVirus2002>  Windows98上で解説しています
Norton AntiVirus2002のインストール
ライブアップデートで最新状態
電子メールをウィルススキャン
Auto-protectでウィルスチェック
定期的にウィルススキャン
予防接種と救済ディスクの作成
 
 
VirusScan
<McAfee.com ウィルススキャン オンライン> Windows98上で解説しています
VirusScanのインストール
アップデートで最新状態
ウィルススキャン
緊急時に備えてResuce Disk
 


Copyright (c) 2006 SOFTBANK TELECOM Corp. All Rights Reserved.